日本ヴァイオリン界の父 鷲見三郎

「良善幼稚園」「こうほうえん」訪問ミニコンサート


火曜日, 11月 30th, 2010

11月19日、米子市安倍の「良善幼稚園」と三柳の福祉法人「こうほうえん」でヴァイオリニスト鷲見恵理子さんとピアニスト竹花千景さんの訪問ミニコンサートが催されました。

 

良善幼稚園

 

良善幼稚園は明治の終わり頃、祖父鷲見三郎が通い音楽に目覚めたという鷲見音楽ファミリーの原点ともいうべきゆかり深い幼稚園です。

 

園児たちと

 

初めてまじかに接するきれいなおねえさんのヴァイオリン演奏に子どもたちは興味しんしんです。

 

演奏

 

「この中でヴァイオリンをやってる人いますか?」

”ハイ!!“ ”ハイ!!“ ”ハイ!!“

つぎつぎと20本近い手があがって恵理子さんもびっくり。

 

園児3 

「こんなにヴァイオリンやってる子がいっぱいいるんだったら、今度本格的におしえに来なきゃいけないわね」とご両親鷲見健彰先生ご夫妻の頬もほころびます。 

 

園児を代表してかわいい男の子と女の子から花かごを贈呈されてお二人も大喜びでした。

 

花束

 

帰り際に、園児たちが「またきてね!」

 

お別れ

 

すぐにこうほうえんに移動。

会場のレストランアザレアコートにはこの日を楽しみにしていた入居者のお年より達が続々つめかけています。

  

高齢者たち

 

最後、心を込めぬいたヴァイオリンの弱音が絶え入るように消えていくと、ほっとため息をつくような一瞬の間をおいて万雷の拍手。

 

こうほうえん

 
あわただしく短い時間でしたけれど、演奏者、聴衆ともリラックスして心から楽しめた素敵な好企画だったと思います。

 

 

 

Leave a Reply