日本ヴァイオリン界の父 鷲見三郎

足立美術館の写真撮影


火曜日, 11月 23rd, 2010

世界中の一流品や文化紹介専門誌のイタリアのluxuary誌に山陰の足立美術館を鷲見恵理子さんとともに紹介することになりました。足立美術館は庭園がすばらしいことで国際的に知られています。

luxuary誌はこちらへ http://www.luxurymagazine.it/

足立美術館はこちらへ http://goo.gl/XZk7

 鷲見恵理子ヴァイオリンコンサート(11月20日米子市文化ホール)の翌日も素晴らしい快晴でした。

 

足立美術館の庭園のもみじは真っ赤に紅葉しています。もみじ

 

いまが庭園に最高の彩りがある季節です。

 

茶室

 

「スタジオやまさき」山崎さんがカメラマンです。もう一人カメラマンが・・鷲見健彰先生でした。

 

カメラマン2人

 

 

開館前の早朝の庭園をバックに振袖姿の鷲見恵理子さんです。

 

早朝の美術館

 

日本文化とイタリア文化のコラボがテーマです。

鷲見恵理子さんのヴァイオリンは Andrea Guarnerius の名器です。

 

池庭ヴァイオリン

 

早朝のため撮影場所によってはまだ日陰になります。庭とヴァイオリニストをプロの写真家はどう撮られるのでしょうか。

 

池庭で

 

庭園も最高の舞台を作りましたが、鷲見恵理子さんの可愛らしい振袖姿は、庭を背景にとても素敵でした。

 

振袖姿

 

ヴァイオリニスト鷲見恵理子さんは、日本国内はもとより、イタリア、フランスなどヨーロッパで演奏活動をされ、と同時に日本人の心と文化を伝えるという思いで活躍されています。そして、「私のルーツは鷲見三郎の故郷である鳥取県米子です」とご自身が語られています。

これからの鷲見恵理子さんの予定です。

11月26日 ミラノで演奏 (イタリアのサッカーナショナルチームなどスポーツ界のその年に活躍した選手の表彰式典)

11月28日~29日 ミケランジェロ・アバド国際コンクール ヴァイオリン部門の審査員

来年1月~2月は日本で3回のコンサート

3月9日 ミラノ王宮 ヴァイオリン・デュオコンサート(アレッサンドラ・ファラと共演)

Leave a Reply