日本ヴァイオリン界の父 鷲見三郎

サマーストリングス イン 米子2013 11日合奏


木曜日, 8月 15th, 2013

サマーストリングス イン 米子2013 

8月11日(日) ・合奏練習  ・合奏発表  ・閉講式

米子コンベンションセンター・小ホール

10日夜のセミナー講師による「鷲見恵理子&クァルテット・アヴォス コンサート」を聴いた受講生の2日目です

 

本番と同じ小ホールのステージで初級クラスの練習です

課題曲は 鷲見三郎「ヴァイオリン合奏基礎曲集」より

日の丸変奏曲

ロング・ロング・アゴー変奏曲

 

 

鷲見恵理子さんによる中上級ヴァイオリンクラスの合奏練習

昨夜のコンサートプログラムの最初の曲が 今回のセミナー課題曲と同じ 「モーツァルト:喜遊曲 へ長調 KV138」でした

 

山田衞生先生の指揮で合奏練習です

鷲見恵理子さん、アヴォスメンバーも一緒に合奏

 

 

小ホール 荒井ゆうき先生の指揮で、初級クラスの本番です

2日間の練習成果が十分に発揮されました

 

 

合奏発表の本番には、山田美怜先生、荒井ゆうき先生も加わって 素晴らしい演奏となりました

受講生にとっては、同じステージの上で講師の先生と演奏できるということで、とても貴重な経験となったことでしょう

 

 

あっと言う間の2日間でしたが、閉講式では講師の先生から、貴重なアドバイスの言葉がありました

鷲見健彰先生からの講評です

 

鷲見恵理子先生、アヴォスのみなさんからも講評をいただきました

 

 

修了証をもらった受講生のみなさんは、これからもっと楽しく弦楽器の練習に励み、さらに上達されることを期待しています

 

最後に山田衞生先生より、受講生への激励の言葉で閉会となりました

Comments are closed.