日本ヴァイオリン界の父 鷲見三郎

鷲見三郎記念 サマーストリングス コンサート 第1部


金曜日, 8月 24th, 2012

「鷲見三郎記念 サマーストリングス コンサート」 第1部

8月18日(土)米子コンベンションセンター・小ホール

 鷲見三郎の故郷・米子で弦楽の音楽祭。

かって三郎も交流のあったロシアからも特別参加がありました。

遠くアメリカからの参加者もあり、今後のサマーストリングスが楽しみです。

 

 

 

三郎のタペストリーが飾られたステージと満席の会場。

 

 

 

 

 

 

 

 

コンサートは鷲見野冨子さまの素晴らしい司会で始まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

コンサートのトップは東京より参加の白百合学園小学校6年生・古米沙弥さん。

ラロ:スペイン交響曲 ニ短調 第1楽章  ピアは竹花千景さん。

 

 

 

 

 

 

 

 

とても小学生のえんそうとは思えないしっかりとした演奏でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

ついで茅ケ崎市立第一中学校2年生の豊嶋大貴さんの演奏です。

ブルッフ:コンツエルトト短調 第3楽章   ピアは竹花千景さん。

 

 

 

 

 

 

 

 

鷲見野冨子さんから「すばらしかったわよ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

北鎌倉女子学園中学校音楽コース3年の甲斐朝花さんの演奏はとても完成度の高いものでした。

パガニーニ:カプリス第9番

 

 

 

 

 

 

 

 

ヴィエニャフスキー:スケルツオ・タランテラ   ピアは竹花千景さん。

 

 

 

 

 

 

 

 

桐朋学園音楽学部3年の横島礼理さん。

パガニーニ:カプリス第17番

バッハ:無伴奏パルティータ第2番ニ短調より アルマンデ クーラント

 

 

 

 

 

 

 

 

モーツアルト:ヴァイオリンコンツエルト第1番 変ロ長調 第1楽章  ピアノは面谷真理子さん。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで第1部の終了 休憩へ。

Leave a Reply