日本ヴァイオリン界の父 鷲見三郎

サマーストリングス イン 米子


月曜日, 6月 25th, 2012

梅雨明けも近いでしょうか。

カボチャの花が沢山咲いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

畑のカボチャが花が終わった後、ちびカボチャを付けてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キュウリ、ナス、トマト・・食卓に毎日登場し始めました。

かわいらしい茄子です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キュウリもまだほっそりと、でも瑞々しく食べごろ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トマトは完熟するまで待ちます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミニトマトもまだこれからですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にょっきっと顔を出してくるアスパラカスも毎朝収穫しておかないと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏野菜の本番は7月から8月です。いまは夏の強い日差しが待ち遠しいこの頃です。

今夏8月17日~18日には、今年で3回目となる楽しみな夏季セミナーが米子で開催されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

音楽監督には桐朋学園名誉教授鷲見健彰先生

ヴァイオリン講師に鷲見野冨子氏、鷲見恵理子氏(とっとりふるさと大使)

桐朋学園より会田莉凡氏(ヴァイオリン)、横島礼理氏(ヴィオラ)、上村文乃氏(チェロ)による充実した講師陣

ロシア、ウラジオストクより、当会の音楽活動に共鳴され、ヴァイオリンによる音楽交流を希望されたロシア人ヴァイオリニストの特別参加も予定しております。

詳しくはこちらから

「鷲見三郎記念 サマーストリングス イン 米子 2012」

Leave a Reply