日本ヴァイオリン界の父 鷲見三郎

鷲見恵理子・古民家演奏会


土曜日, 2月 25th, 2012

2月19日(日) 13時30分開演 鳥取県伯耆町の古民家での演奏会でした

とっとりふるさと大使の鷲見恵理子さん初めての、祖父三郎の故郷とっとりでの古民家演奏会です。

 

晴れ女の鷲見恵理子さんです。昨日までの雪が、この日は晴れ間も出てきました。

 

演奏会場の古民家の美しいなまこ壁は日差しにくっきりと映えていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

古民家の中庭には昔ながらの土蔵の壁が明るく輝いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

古民家の屋根の上にこの伯耆町の鬼伝説の舞台であった鬼住山が望めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鷲見恵理子さん、面谷真理子さんが会場に到着するころには雪も溶け始めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本番前のリハーサルもホールでの演奏会とちがい、古民家ならではのアットホームな感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様には敷居が決して高くないよう、暖かくお出迎えをいたしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初にゆっくりとおくつろぎ頂くためにに、薄茶でおもてなし。

お菓子は鶯をあしらった上用饅頭「初音」でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

茶席の床の間には武者小路千家先代の有隣斉の書「われみてもひさしくなりぬ すみよしの」古今和歌集

古民家が200年以上前であり、鷲見恵理子さんのヴァイオリンも1600年代のもの。

お客様方に古への想いを抱いていただきたいとの願いがこめられていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぎっしりと満席の会場に、力強い恵理子さんの演奏が響き渡ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第2部も盛り上がって会場は演奏に引き込まれていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで花束が普通ですが、今回の演奏会では演奏者の鷲見さんと面谷さんへ記念品贈呈。

お二人には「官休庵」昇り竜の扇子をプレゼント。

鷲見恵理子さんには、これからのステージドレスにどうぞと和服の反物を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年12月の「鷲見恵理子とっとりふるさと大使就任記念コンサート」DVD/CDが、今回の演奏会に間に合いました。

沢山の方がサイン会でこの素晴らしいDVD/CDに恵理子さんからサイン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

演奏会終了後には鷲見健彰先生、野冨子さまも。

大盛況の古民家演奏会が無事終わり、ほっとした鷲見恵理子さん、面谷真理子さんたちでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

演奏会が終わったころには演奏会の熱気のためでしょうか、朝方の積もった雪も溶け、

いつもの静かな佇まいの古民家に戻っていました。

 

 

 

 

 

 

Leave a Reply