日本ヴァイオリン界の父 鷲見三郎

画家マークエステル氏とともに


金曜日, 2月 24th, 2012

2月18日の雪が降り積もる中、島根県東出雲の武内神社を訪ねました。

この日は、画家マークエステル氏が、自分の絵を武内神社へ奉納するための訪問。

マークエステル氏は素適な画集も沢山出版しておられます。

その内の一つ、この画集の表紙には「日本神話」と、そしてなんと7ヶ国語で古事記について語られているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マークエステル氏は神話ベースの絵画で有名な国際的画家なのです。

このたび、私たちは鷲見恵理子さんとご一緒に、雪の武内神社に随行いたしました。

美しく雪化粧の境内には時折雪が舞っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「山陰の冬の厳しい寒さは、やがて訪れる春の温かみを深く感謝するための寒さなのですよ」と宮司さんの言葉。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鷲見恵理子さんもこの厳粛な雰囲気に大感激でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無事今回の奉納を終えてマークエステル氏も満足そうです。

何と今回の奉納で78回目(全国各地神社へ)だそうです!すごい人です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちもついでにご一緒させていただき、ただひたすら感動でした。

真ん中右が武内神社の青木宮司さまです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、雪の東出雲から伯耆町へ山陰路を移動。

翌日が鷲見恵理子さん「古民家演奏会」そのための会場下見へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらも更に雪深い状況に楽しそうなマークエステル氏です。

古民家の庭はすっかり雪景色で、土蔵のなまこ壁が一際くっきりとしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鶯をあしらった上用饅頭(初音)でお茶をお出ししました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすが画家のマークエステル氏です。大山寺僧侶・塔然の水墨画の屏風絵に興味をもたれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日の「鷲見恵理子・古民家演奏会」を待つ舞台の和蝋燭です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山陰の美しい雪景色をたっぷりと楽しまれたお二人でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

Leave a Reply