日本ヴァイオリン界の父 鷲見三郎

鷲見恵理子 ファビアーノ・カサノーヴァ デュオ


土曜日, 7月 2nd, 2011

6月30日 六本木 STB139
恵理子さんとファビアーノさんのデュオは最高でした。
 
世界でこれほど音楽性豊かに融合し高め合ったデュオは少ないのではないでしょうか。
 
ファビアーノさんの演奏は初めてお聴きしましたが、ふと、映画「炎のランナー」のワンシーンを彷彿とさせるものでした。
音楽をピアノで表現されるのに魂の底から喜びを感じられているのが、よく伝わってまいりました。その心が音となって聴いている私どもにも心地良く響いてくるのです。
 
また、このデュオリサイタルで鷲見恵理子さんのヴァイオリンが更に極みを超えていかれているように思い、本当に感動いたしました。
 
 
 
 
左がファビアーノ・カサンーヴァさん、中央が鷲見恵理子さん、右がダリオ・ポニッスィさん
 

12月3日、4日に米子、鳥取での「とっとりふるさと大使就任記念コンサート」がとても楽しみです。

Leave a Reply